札幌雪まつり2022はコロナで中止!?3会場の最新情報!

その他

 

こんにちはボブです。

 

札幌で毎年冬に開催される人気イベント
「さっぽろ雪まつり」ですがコロナの影響で
今年は開催できませんでした。

 

そこで今回は「さっぽろ雪まつり」が開催されるのか
についてお調べしましたのでご紹介させて頂きます。

 

スポンサードリンク

札幌雪まつり2022の3会場の最新情報!

 

さっぽろ雪まつりは3つの場所で開催されます。

 

メイン会場は大通り公園となるので地方の方は
大通り公園の石像の印象しかないという方もいると
思いますがさっぽろ雪まつりは3会場となっております。

 

では、その3会場はどこかというと

・大通り公園
・すすきの
・つどーむ

となります。

 

今回はこの3会場に分けてご紹介させて頂きます。

 

大通会場

 

大通会場では2022年の開催について
このように話しています。

 

2022年の第72回さっぽろ雪まつりは、リアルとオンラインのハイブリッド開催になることが発表されました。2021年はオンライン開催となっていました。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/224a39ddaad2111f33d18dd5baf5ff03709f3750

 

今の所、開催する方法で進められているようですね。

 

しかし、リアルとオンラインのハイブリッド開催とは
どのようなものなのでしょうか?

 

記事では

会期は2022年2月5日から12日の8日間。大雪像は設置せず、イルミネーションや中小雪像を歩いて見て回る「通過鑑賞型」の会場構成で開催します。例年11月~12月に開催の「さっぽろホワイトイルミネーション」大通会場のLED装飾を雪まつり大通会場の会期まで延長。

 

会場は札幌市中央区大通西1~7丁目(例年は1~12丁目)で、西4~7丁目に中小雪像を設置し、西1~3丁目まではイルミネーションの装飾のみを予定。オンラインでは、大通会場の雪像公開や、市民参加型のフォトコンテストなどの企画を実施するとしています。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/224a39ddaad2111f33d18dd5baf5ff03709f3750

このように書いてありました。

 

一番の目玉である大雪像を設置しないのは少し
寂しいですが今の所、開催されるという事なので
このままコロナが拡大しないで開催されると
いいですね。

 

今後中止の可能性も考えられるので状況が
変わりましたら追ってご紹介させて頂きます。

 

すすきの会場

 

すすきの会場では「氷を楽しむ」をテーマに、
幻想的な氷像がいくつかのエリアに分かれて
設置されておりその氷像に触れる、乗れるなどの
ふれあい広場、撮影スポットとして人気の会場と
なっております。

 

すすきのに設置されているだけあって大人に
人気の会場となっております。

 

そんな大人に人気のすすきの会場ですが2022年の
開催は
中止となっております。

 

2023年は開催できることを願いましょう。

 

スポンサーリンク

つどーむ会場

 

つどーむ会場ではすべり台やスノーラフトなど、
子どもから大人までが北海道の自然の中で雪と
ふれあうことができる会場となっております。

 

また、つどーむ施設内の屋内スペースにも子供が
安心して遊べるアトラクションなどが設置されて
おり、子供の人気の会場となっております。

 

ちなみに屋内スペースには大規模な休憩所や
飲食ブースもあるので大人がゆっくりできる空間も
あります。

 

そんな子供に人気のすすきの会場ですが2022年の
開催は
中止となっております。

 

以上が3会場の最新情報となっております。

 

今のところ大通会場は開催されるようですが
現在、感染力の高い新しいコロナウィルスの変異株が
出てきているので今後の感染状況によっては中止になる
可能性があるので随時状況が変わり次第ご紹介させて
頂きます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました