北京冬季オリンピック2022のグッズはどこの店舗にある?

イベント

 

こんにちはボブです。

 

今回は「北京冬季オリンピック2022」の
グッズについてお調べしましたので
ご紹介させて頂きます。

 

今回の冬季オリンピックは中国の北京での開催に
なるのでどこで買えるかわからないという方は
ぜひご覧ください。

 

スポンサードリンク

北京冬季オリンピック2022のグッズはどこの店舗にある?

 

北京冬季オリンピック2022のグッズが買える店舗に
ついてお調べしたところ1月3日時点では中国国内のみ
の販売となっていました。

 

今後、日本でも買える店舗が出来るかもしれないので
分かり次第ご紹介させて頂きます。

 

今回は折角なので中国で北京冬季オリンピック2022の
グッズが買える店舗をご紹介させて頂きます。

 

王府井工美大厦

 

丁度、北京オリンピック開幕の1年前に巨大な
グッズ販売店がオープンしました。

 

場所は王府井歩行街にある王府井工美大厦という
ところとのことです。

 

巨大というだけあって広さは面積800平方メートルもあります。

 

グッズの種類も15種類(約2千点以上)が販売されています。

 

専売店

 

開催都市である北京市を始め河北省などの16省、
直轄市、自治区160ヶ所以上で開設されています。

 

東京オリンピックの時のように各地の大型店舗で
ブースを作っているような感じだと思います。

 

ちなみに僕が働いているビックカメラには東京オリンピックの
ブースを設置していました。

 

高速列車

 

北京オリンピックのグッズは280以上の高速列車でも
購入することができます。

 

このように中国国内では各地で購入することが
できるようです。

 

スポンサーリンク

オンライン、通販でも買える?

 

北京オリンピック2022の公式グッズサイトを
確認したところ通販やオンライン販売はやって
いませんでした。

 

これまでのオリンピックでも開催国のみの販売と
なっていた為、今回も中国国内のみの販売となると
思います。

 

そのため、今は海外に行きずらいですがグッズを
購入する際は北京に行くしかないということですね。

 

人気のグッズは?

 

北京オリンピックのグッズは約2千点以上あります。

 

その中でも最近発売された開幕100日前に合わせて
造られた記念封筒やはがき、マグカップ、ピンバッジなどが
人気商品となっているそうです。

 

また、その中でもパンダをモチーフにした北京冬季オリンピックの
マスコットキャラクター「氷墩墩(ビン・ドゥンドゥン)」と、
冬季パラリンピックのマスコットキャラクター「雪容融
(シュエ・ロンロン)」の関連グッズが特に人気とのことです。

 

ちなみにビンドゥンドゥンは

ビンドゥンドゥンの “Bing” にはいくつか意味があるものの、北京語(中国の公式方言)で最も一般的な意味は「氷」。純粋さや強さの象徴でもあります。また、「Dwen Dwen」はたくましさや活発さを意味する言葉で、子供を表しています。

アスリートの強さと意志を体現するこの新しいオリンピックマスコットは、ウィンタースポーツのアンバサダーとして、冬季オリンピック出場選手や観客に喜びを与え、オリンピック精神の普及に貢献することでしょう。

引用元:https://olympics.com/ja/beijing-2022/mascot

このような意味で作られたそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました