引越し

引越し初期費用が払えない時の対処法は?抑え方についても調査!

 

この記事を見ているということは急な引越しで予想よりも費用が掛かってしまい払えなくて困っていますという方ではないでしょうか?

そこで今回は

・引越しの初期費用が払えない時の対処法
・誰でも出来る引越し費用を抑えるコツ3選

こういった内容について話していきたいと思います。

正直、僕は引越しの費用が払えなくて困ったという経験はありませんが引っ越し業者や不動産で働いていた時にそのような方を何人も見てきました。

その為、その経験からお話ししていこうと思います。

引越しの初期費用が払えない時の対処法

引越しの初期費用を払えない時の対処法は次の様になります。

・支払い方法の変更
・自治体の助成金
・物を売る(リサイクル)

これらについて詳しくお伝えさせて頂きます。

支払い方法の変更

①分割

基本的には引越し費用は現金で一括払いとなっていますが中には分割できるものもあります。

僕が勤めていた不動産も基本は一括でしたが状況によっては分割も許可を出していました。

なので支払いを一括で出来ない場合は理由を話して一度、相談してみるのもおすすめです。

また、クレジットカードが対応しているところであればクレジットカードで分割払いしてもいいと思います。

しかし、その場合は金利が発生してしまうのでその場はしのげるかもしてませんが支払いの負担が上がってしまうので注意しましょう。

 

②ローン

こちらについては抵抗がある方やいいイメージがない方がいると思います。

しかし、ローンと言っても銀行、クレジットカード、消費者金融などさまざまな種類があり、選び方によって結構変わってきます。

ではどんなローンが引越しの時にいいのでしょうか?

引越しの初期費用に使うときのローンを選ぶポイントは3つです。

・10%以下と低金利
・申し込み条件が緩い
・繰上げ返済手数料が無料

これら全ての条件が揃っているところを探すのは難しいと思いますができるだけこの条件に近いものを選んでローンを組みましょう。

 

自治体の助成金

初期費用が払えない方は自治体の助成金を調べてみるのもいいと思います。

知らない人が多いと思いますが地域によっては、引越し費用を援助する助成金制度を設けてある自治体があります。

ただし条件はあります。

多くは学生や母子家庭などの金銭的な援助が必要と認められた場合となっております。

しかも金額の上限、募集人数、期間などが限定されている自治体もあります。

これだけ自治体によって違いがありますのであなたの自治体のホームページなどでチェックして確認してみましょう。

ちなみに僕が住んでいる札幌市のホームページはこちらです。

 

物を売る

こちらは即日お金を作れるので方法となっております。

引越しするので部屋を片付けているとずっと使っていないものや使わなくなったものなどあるともいます。

それらの物を捨てるのではなくリサイクルショップなどで売るとお金に出来るのでおすすめです。

中には売るものがないですという方もいると思いますが以外に何でも売れるのでまずはいらない物をまとめてリサイクルショップに持って行ってみましょう。

僕も部屋の掃除をしていたら未開封の洗剤などの日用品が多く見つかったのでリサイクルショップに持っていって売りました。

最初、日用品は買い取ってくれないと思っていたんですけど値段がついたので驚きました。

このように意外なものに値段がつくとこがあるのでぜひ試してみてください。

スポンサーリンク



誰でも出来る引越しの費用を抑えるコツ3

この記事を見ている方は「引越しの費用を出来るだけ抑えたい」と考えている方だと思います。

なので引越しの費用を抑える方法をご紹介させて頂きます。

今回は誰でも出来る方法を紹介したいと思ういますのでめんどくさがりの人も参考にして頂ければと思います。

引っ越し費用を安く抑える方法は以下の3つあります。

1荷物の量を少なくする
2引っ越しシーズンを避ける
3複数の業者に見積もりを依頼する

それでは1つずつ紹介していきます。

1荷物の量を少なくする

引越しの費用は荷物の量によって変動することが多いです。

理由は荷物の量が多いと運搬にかかる時間や必要な人員、車両の大きさが変わるからです。

一人暮らしを初めてする方だと家具、家電を買うのでそこまで荷物が多くないと思いますが既に一人暮らししている方の引越しだと荷物は多いと思います。

そういう方は不要なものを事前に処分しておきましょう。

僕が引越しした時は不用品をリサイクルショップで売りました。

結構なんでも売れるので近くにリサイクルショップがある方はぜひ試して見てください。

その他にもオークションサイトで売却したり、車がある方は処分場に直接持ち込むのもありです。

2、引越しシーズンを避ける

引越しのシーズンは新生活が始まる2~4月となっています。

土・日・祝日、そして月末も引っ越し業者の繁忙期とされています。

また、9月も転勤などが多いため引越し時期となっています。

この様な引越し業者が忙しい時期は予約が取りづらく、料金が高騰しやすくなっているためこれらを避けると大幅に費用が抑えられます。

さらに作業を行う時間でも金額が変わります。

午前中に引っ越しを行う「午前便」は希望する人が多いため最も高く、「午後便」はその次に高いです。

では何が一番安いかというと「午前か?」「午後か?」を業者が決める「フリー便」が一番安くなっています。

「フリー便」は業者に時間を合わせるものになるので引越しする側はスケジュールが付けにくいです。

そのため、金額が安くなっているということです。

このことから忙しい時期を避け、「フリー便」で業者にお願いすると費用が抑えれるということです。

3複数の業者に見積もりを依頼する

まず、覚えておいてほしいのですが引越しには定価がない為、業者によって金額が変わります。

ここまで記事を見て頂いた方なら気づいているかもしれませんが各業者によって金額の差が結構あったと思います。

そのため、費用を抑える為には複数の業者に見積もり依頼をして金額を比較しましょう。

中には値引き交渉は苦手という人もいると思いますがそう言う方は「引越し侍」のような見積もり比較をしてくれるサイトもありますのでぜひ利用してみてください。

また、「費用が安い引っ越し業者3選」、「サービスの良い引っ越し業者3選」でも紹介しましたが荷物の量や距離によってお得なプランを提供している業者や、低価格のプランを提供している業者もあるので出来るだけ引越しの時はいろんな会社の見積もりを取りましょう。

また、僕のサイトで「一人暮らしの引越し費用の相場はいくら?安い引越し業者も調査!」という記事もありますので引越し業者を調べるのがめんどくさいという方はこちらもご覧ください。

以上が誰でも出来る費用を抑える方法3選でした。

 

まとめ

今回は以下のことについてご紹介しました。

・引越しの初期費用が払えない時の対処法
・誰でも出来る引越し費用を抑えるコツ3

引越しの初期費用を払うお金がなくても方法はいろいろあるという事がわかったと思います。

しかし、時期や会社によって掛かるお金が変わるので出来るなら時間に余裕を持って引越しの準備をすることをお勧めします。

以上あなたにとってこの記事が参考になれば幸いです。

ABOUT ME
BOBU
こんにちは 僕の名前はボブといいます。 北海道に住んでおり美味しいものをたくさん食べて育ちました。 好きなものは漫画、アニメ、映画、ゲーム、旅行、美味しいものです。 これまでの経験を生かして見てくれている方に意外と知らないことなどを紹介出来ればと考えております。 よろしくお願いします。