脱炭素社会へのグレートリセットとは?実現の可能性と未来について!

生活

 

こんにちはボブです。

 

今回は人気番組『NHKスペシャル』でも取り上げられ
最近話題になっている以下のような内容について
ご紹介させて頂きます。

 

・脱炭素社会へのグレートリセットとは?
・グレートリセットによる私生活への影響は?

 

そこで皆さんの代わりに詳しく「グレートリセット」
についてお調べしましたので疑問を解決したい方は
最後までご覧ください。

 

スポンサードリンク

脱炭素社会へのグレートリセットとは?

 

現代社会にて、社会や経済などあらゆるシステムを見直し、
世界がより良い場所へとなるように『リセット』をすること
となっています。

 

一言で言うと『グレート・リセット』は『革命』と
言うことになります。

 

現在の社会システムや金融システムは、第二次世界大戦後に
勝者となった先進国が中心で作られたもので敗戦した日本も
アメリカの影響を大きく受けているのは皆さんも知っている
と思います。 

 

しかし、その現在の社会システムや金融システムを
続けていると地球が滅んでしまう可能性が高いという
ことから世界規模で持続可能で平等な社会を実現するために
社会の構造自体をリセットすることが求められています。

 

ちなみに『グレート・リセット』は、世界経済フォーラムが
開催する首脳や企業の重鎮が集まる国際会議『ダボス会議2021』
にてテーマとして設定されたそうです。

 

グレートリセットはなぜ必要?

 

・コロナ禍による格差や不平等の拡大
・加速する気候変動の脅威
・働き方改革

 

以上の3つの理由から『グレート・リセット』が
必要とされています。

 

コロナ禍による格差や不平等の拡大

 

新型コロナウィルスの感染拡大により大きな被害を
受けた層が貧困層やジェンダー、人種的に弱い立ち場に
いる者であることから、構造的な格差は注目されています。

 

このような格差や不平等を解決するために
『グレート・リセット』が必要となっています。

 

加速する気候変動の脅威

 

産業革命以降、人類は石化燃料が主なエネルギーとして
使われてきましたが2000年代に入り科学者たちの研修で
石化燃料は温室効果ガスを大量に発生していたことが
わかりました。

 

石化燃料が主流になったことで急激に温暖化が進み
最近では日本でも豪雨、世界各地では大規模な森林火災、
そして極めて珍しい熱波など、『異常』な環境問題が
普通に起こっていることからもわかるように気候変動が
加速しています。

 

このような気候変動を食い止めるためにも、現在の活動を
考え直し、リセットすることが求められています。

 

最近では国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議
(COP26)で議長国を務める英国のジョンソン首相が
「先進国は2030年までに石炭火力を廃止するべきだ」
訴えているほど世界的に力が入っています。

 

2035年には化石燃料に頼らず風力発電や原発などで全電力を
まかなうのが理想だと考えられています。

 

働き方改革

 

最近ではコロナ禍で職を失いやすい職種が明らかに
なっています。

 

WEFは、AIによる職の自動化を人の仕事を奪う変化ではなく、
より多くの雇用を生む変化へとするために、各国政府には
労働法や社会保護などの見直しを求めています。

 

また、グレート・リセットでは、雇用市場の変化に
対応するために新たな教育制度を導入することが必要だと
考えているそうです。

 

常に変化する社会に柔軟に対応できる人材育成と労働者を
守る制度が求められているとのことです。

 

日本でも働き方改革は進んでおりその影響で個人の能力の
差がハッキリと分かれるようになったり、テレワークが
主流になってどこでも働けるようになったりと生活が
変わってきています。

 

このことで住むところが選べたり、能力次第でどんな働き方でも
できるようになっています。

 

また、コロナの影響で将来の不安が大きくなったことから
副業をしたり、投資に興味を持ったりする人も多くなっています。

 

スポンサーリンク

実現の可能性と未来への影響は?

 

ここまででグレート・リセットがどんなもので
なぜ必要なのかがわかったと思います。

 

では次に我々の実現で起こり得る可能性と未来への
影響についてお伝えさせて頂きます。

 

まずは世界的な規模での影響ですがグレートリセットが
起こると最悪は戦争に発展する危険もあると言われています。

 

戦争を起こす可能性が高いのは中国だと言われています。

 

その理由は中国は以前から「真珠の首飾り戦略」として
東南アジアへの進出を加速しており、日本や台湾、そして
フィリピンへの海洋進出も日増しにエスカレートしています。

 

また、今年は中国共産党の設立100周年を迎えるとのことで
習近平も後世に残る手柄を立てようと何か考えているのでは
ないかと言われています。

 

さらに今年日本のニュースでも大きく取り上げられていた
ミャンマーでのクーデターで市民に平気で銃口を向ける様子が
記憶に新しいと思います。

 

このようにグレートリセットが起こると戦争までは
行かなくても大きな国際紛争などに発展する可能性は
十分に考えられます。

 

 

次に私生活の影響ですがわかりやすいもので言うと
「レジ袋の有料化」、「石油の高騰」、「デジタル技術の向上」
などがグレートリセットの影響だと考えられます。

 

少し前だと考えられないことが起きているので
皆さんも薄々感じていると思いますが『革命』は加速
しているのでこの社会の流れにおいて行かれないように
常にアンテナを貼っておくことをおすすめします。

 

ちなみにこのグレートリセットですが日本で加速するのは
2024年の新円への切り替えの時期だとが考えられています。

 

2021年の大河ドラマは新1万円札の肖像になる渋沢栄一さん
とのことでグレートリセットの刷り込みがすでに始まっている
のかもしれませんね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました