宇都宮まきが貧乏だった時の実家の場所や間取り、家賃は?

結婚

 

お笑いコンビ「アキナ」の山名文和さん
と吉本新喜劇の宇都宮まきさんが結婚を
報告し話題になっています。

 

そこで今回は
宇都宮まきさんについて気になることが
あったのでお調べさせて頂きました。

 

スポンサードリンク

宇都宮まきが貧乏だった時の実家の場所や間取り、家賃は?

 

 

アキナの山名さんと結婚した
宇都宮まきさんは幼少期にすごく
貧乏だったそうです。

 

では、どれくらい貧乏だったのでしょうか?

 

まず、宇都宮まきさんの家族構成から
ご紹介させて頂きます。

 

まず、専業主婦の母親と阿波座にあった
喫茶店の雇われマスターをしていた父親が
います。

 

そして、兄弟はなんと4人で姉が2歳年上、
宇都宮まきさんが次女、そして弟が2人おり
それぞれ6歳と9歳年下とのことで計6人家族
で暮らしていたそうです。

 

その時住んでいた実家の間取りは6畳と
8畳の2間となっておりトイレとお風呂
は付いていたそうです。

 

 

これだけ聞いたらまあまあ広いと思うかも
しれませんがタンスとかいっぱい置いてある
6畳だったので全員が仰向けで寝られるスペース
がなく寝返りもうてないレベルだったそうです。

 

父親に関しては6畳の部屋で寝れなかったので
8畳の部屋のちゃぶ台を壁に立て掛けて場所を
作って寝ていたそうです。

 

そんな実家の場所ですが流石に詳しい住所は
わかりませんでしたが宇都宮まきさんの出身地
である大阪府大阪市城東区蒲生の文化住宅という
ことはわかりました。

 

また、家賃についてもお調べしたところ
同じような間取りで4〜5万円くらい
多かったので大体これくらいではないかと
思います。

 

スポンサーリンク

具体的な実家の貧乏エピソードは?

 

ここまでで何となく実家のイメージが
ついたと思うので実家の貧乏エピソード
についてご紹介させて頂きます。

 

エピソード①

 

貧乏だった為、宇都宮まきさんは子供の頃、
当然お小遣いをもらったことがなく、のどが
渇いても、ジュースを買うことは出来なかった
そうです。

 

そこで宇都宮まきさんは仕方なく道端に
咲いていたツツジの花の蜜を吸っていて喉を
潤していたそうです。

 

頻繁に花の蜜を吸っていた為、友達からは
「まきちゃんの歩くところにツツジなし」
とからかわれていたそうです。

スポンサーリンク

エピソード②

 

宇都宮まきさんは小学校時代から動物が
大の苦手だったそうですがチャボという鶏の
飼育係を3年間務めていたそうです。

 

それはなぜかというと
「タダで生みたての卵がもらえるから」
「チャボの餌のパンもこっそり持ち帰るから」
とのことでした。

 

以上が貧乏エピソードとなっています。

 

このエピソードを見ても相当貧乏だったことが
わかりますがそんな実家での貧乏暮らしについて
宇都宮まきさんは悲壮感のようなものは全く
感じず、小学生の頃から貧乏が原因でいじめを
受けるようなことはなかったと話しています。

 

ちなみに宇都宮まきさんは実家に高校
(大阪府立東住吉高等学校芸能文化科卒業)
まで住んでおりその後は1人で暮らしています。

 

今でも実家で暮らしていた時の名残りで
狭い空間が好きとのことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました