田中希実はどこのハーフ?父親の田中健智の陸上の成績がすごい?

スポーツ

 

陸上のセイコー・ゴールデングランプリ東京は
東京・国立競技場で行われた女子1500メートルで
20歳の田中希実が4分5秒27の日本新記録で
優勝し話題になっています。

そこで今回は
田中希実はどこのハーフ?
父親の田中健智の陸上の成績がすごい?
についてご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

田中希実はどこのハーフ?

それでは早速
田中希実はどこのハーフなのか
についてご紹介させて頂きます。

田中希実さんは顔立ちが日本人ぽくない為
どこかのハーフではないかという噂が広がっています。

そこで田中希実さんはどこのハーフかについて
お調べしたところ父親も母親も日本の方でした。

その為、純日本人ということです。

また、詳しく両親の出身についても
お調べしましたが両親とも兵庫県ということ
だったので田中希実さんは単純に顔立ちが
日本人離れしているだけということになります。

たまにハーフの方でスポーツの新記録を
出す方はいますが純日本人の方でここまでの
記録を出す人は少ないので本当に凄いと思います。

スポンサーリンク

父親の田中健智の陸上の成績がすごい?

次は
田中希実の父、田中健智の陸上の成績
についてご紹介させて頂きます。

今回、田中希実さんが日本記録を更新出来た裏には
父親の田中健智さんが関係しているようです。

父親の田中健智さんは元々陸上選手をしており
1993年に開催された福岡国際マラソンで
2時間23分02秒の記録を持っています。
※福岡国際マラソンは国際的にも有名な大会で
一般の平均記録は4時間30分です。

そして現在は

アスレックRCとして主はランニングチームでありながら、ランニングイベントの企画・運営・セミナー・練習会のお手伝い、タイミングシステム(ICタグ)を低価格で提案することにより中小規模のマラソン大会、駅伝大会、ランニングサークルなどの記録計測のサポートを行なっている。

引用元:https://m.facebook.com/AthleC#!/AthleC/about?lst=100005737682551%3A100001040060453%3A1598169335

このような活動をしています。

そんな凄い陸上選手の父が田中希実さんのコーチを
していることが今回の日本記録の更新に繋がった
一つの要因ということです。

ちなみに母親の田中千洋さんは田中健智さんと
出会ってからマラソンを始め結婚前と結婚後の
2回、北海道マラソンで優勝しているそうです。

母親の田中千洋さんが元々マラソンの素質が
あったのかは田中健智さんの教え方がうまいのか
わかりませんが凄い家族ということはわかりますね。

これからどんどん大きな大会に出場することに
なりますがこれからも父親と二人三脚で頑張って
行って欲しいと思います。

田中希実さんはまだ20歳という若さなので
これからの活躍が楽しみですね。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました