新型コロナの影響で札幌まつり(北海道神宮例祭)中止?花火大会は?

トレンド

 

札幌まつりは毎年6月14日から6月16日の3日間に
行われる札幌市で最大のお祭りです。

正式には北海道神宮例祭と言い100年以上の
歴史があります。

毎年、北海道神宮や中島公園をメインに多くの人が
訪れ盛り上がります。

そこで今回は気になる

新型コロナの影響で札幌まつり(北海道神宮例祭)中止?
花火大会や他のイベントは?

についてご紹介させて頂きます。

 

スポンサードリンク

新型コロナの影響で札幌まつり(北海道神宮例祭)中止?

それでは早速
新型コロナの影響で札幌まつり(北海道神宮例祭)中止
するのかについてご紹介させて頂きます。

今のところ北海道知事からの公表はないため
例年通り6月14日から6月16日の3日間で
札幌まつり(北海道神宮例祭)を開催する
とのことですが「神輿渡御」は中止とのことでした。

しかし、現在新型コロナウイルスのに感染している人が
北海道で208人という人数が感染しており今後も
増えていくと思われるので開催は中止するのでは
ないかと思います。

6月といえば札幌ではもう一つの恒例イベントの
「札幌 YOSAKOIソーラン祭り」が最近
中止を発表しています。

平成4年に始まり、200万人以上の観客が訪れる
この祭りが中止されるのは初めてとのことでした。

その為、「札幌 YOSAKOIソーラン祭り」と
時期に近い「札幌まつり(北海道神宮例祭)」は同じく
中止すると思われます。

この状態で開催しても正直お客さんは来ないですもんね。

スポンサーリンク

花火大会や他のイベントは?

6月以降も多くのイベントがあります。

まずは夏の風物詩の花火大会です。
札幌では大きいイベントの1つとなっており豊平川で
行われるUHB花火大会があります。
毎年何千、何万人と多くの人が訪れています。

そんなUHB花火大会も今のところ中止という情報は
ありませんがこのままコロナ感染者が増え続ければ
中止になる可能性は高いと思います。

また、花火大会は札幌だけではありません。
北海道で最大の花火大会といえば十勝川河川敷で行われる
「勝毎花火大会」ですがこちらも何万人もの人が訪れる
イベントの為中止になる可能性はたかそうです。

しかし、この「勝毎花火大会」運営している
十勝毎日新聞創刊が100年記念とのことなので
開催したいと思っていることでしょう。

「勝毎花火大会」は毎年8月13日のお盆に行われるので
この時期までに新型コロナウイルスが終息に向かっていれば
開催すると思います。

スポンサーリンク

最後に

 

今回は
新型コロナの影響で札幌まつり(北海道神宮例祭)中止?
花火大会や他のイベントは?
についてご紹介させて頂きました。

この他にもたくさんのイベントやお祭りが
北海道で行われています。

僕の予想だと4~7月頃に行われるイベント関係はすべて
中止になると思われます。

随時詳しい情報が分かりましたらご紹介させて頂きます。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました