【新生活必見】家電・ネット・物件選びなどの前職を生かし自分なりに紹介したり漫画・ゲーム・映画・トレンドなど自分が気になることを好きに書かせてもらうブログ

【ボクシング】プロボクサーのパンチ力ランキング!日本人最強の井上尚弥は何位?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは 僕の名前はボブといいます。 北海道に住んでおり美味しいものをたくさん食べて育ちました。 好きなものは漫画、アニメ、映画、ゲーム、旅行、美味しいものです。 これまでの経験を生かして見てくれている方に意外と知らないことなどを紹介出来ればと考えております。 よろしくお願いします。

 

今回はボクシングについて
ご紹介させて頂きます。

プロボクサーの歴史では
最強と呼ばれていた選手が
数多くいます。

そこで今回は
プロボクサーのパンチ力が
一番強いのは誰か?
『パンチ力ランキング』
についてご紹介させて頂きます。

海外には数々の名選手がいる中で
日本人はランクインするのでしょうか?

 

スポンサードリンク

パンチ力ランキング10位~1位

 

それでは早速
『パンチ力ランキング』
についてご紹介させて頂きます。

10位~1位までをご紹介させて頂きます。

 

10位 亀田 興毅

初っ端から日本人で
ランクインしました亀田興毅さんは
・元WBA世界ライトフライ級王者
・元WBC世界フライ級王者
・元WBA世界バンタム級王者

という数々のタイトルを獲得し、
日本人としては初となる世界3階級制覇
成し遂げました。
幼い頃から父の教えでボクシングを学び、
亀田三兄弟全てが世界王者になるという
ギネス記録
まで獲得してます。
現在は引退していますが、
ボクシングトレーナーや
実業家として活躍しています。

 

9位 アッサン・エンダム

こちらのアッサン・エンダムといえば
WBA世界ミドル級王者を獲得し、
日本の村田諒太さんの世界初挑戦を
退けた人物です。

村田さんとの試合では
疑惑の判定がささやかれていますが、
勝率が非常に高く手数が止まらない点は
あなどれない選手だと思います。
WBA世界ミドル級にはスーパー王者の地位が
設立されていますのでそこを目指して
頑張ってほしいです。

 

8位 山中 慎介

山中慎介さんといえば
元WBC世界バンタム級王者で
日本人歴代2位となる
世界タイトル12連続防衛記録を
達成した人物です。

2017年8月15日には
メキシコの挑戦者ルイス・ネリーに
4ラウンドTKO負けし
王座陥落となりました。
神の左と呼ばれる強打
再び世界王者を目指しましたが
ルイス・ネリーとの再戦で
相手の体重超過というハンデを
背負ったまま戦い、
強打に沈められたことは
記憶に新しいです。
実力派申し分ないものの
悲運がつきまとったことが
残念な選手でした。

 

7位 具志堅 用高

具志堅用高さんといえば
現在はテレビ番組でタレント活動を行い、
若い方はタレントの具志堅さんが
印象深いと思いますが
元々はとても強いボクシング選手でした。
元WBA世界ライトフライ級王者で、
日本人史上歴代1位となる
世界タイトル13連続防衛記録を
達成した人物です。

カンムリワシのニックネームで
KOの山を築き100年に1人の天才
として注目を集めました。

また、現在はタレントの他にボクシングジムを
経営して世界王者を生み出すなど
幅広い分野で活躍しています。

 

6位 長谷川穂積

最強のボクサーが誰なのか話題になると、
ボクサーファン同士で
必ず意見が食い違ってしまうことがあります。
しかし、
・WBC世界バンタム級王者
・WBC世界フェザー級王者
・WBC世界スーパーバンタム級王者
3階級制覇王者である長谷川穂積さんは、
間違いなく日本のプロボクサーの中で
最強候補に上がるひとりだと思います。

2016年に引退しましたが
残してきた伝説の数々は
今も多くのファンに語り継がれています。

現在は、ボクシングの開設者としての
活動だけでなく東京医療学院大学の
特任講師に就任中とのことです。

 

5位 井上 尚弥

井上尚弥さんといえば
WBC世界ライトフライ級王者と
WBO世界スーパーフライ級王者を
獲得し国内最速で世界3階級制覇を
達成した人物です。

あまりの強さから対戦相手が
「グローブに何か仕込んでいる」
とクレームをつけてくるほどで、
先日デビューした米国のリングでは
第2のパッキャオとして期待を集めています。
個人的には日本人の歴史上
最高のボクサーだと思っていますので、
世界中のボクサーが驚く
記録や試合内容を期待したいです。

 

4位 マニー・パッキャオ

マニー・パッキャオは
史上2人目の世界6階級制覇を達成した
偉大なボクサーです。

母国フィリピンでは英雄扱いで、
パッキャオの試合がある日は
「戦争が止まる」
と言われるほど国に影響を与える
人物なんだと言われています。
ハードパンチャーとしてKOの山を築き、
日本人選手もパッキャオを目標としている人は
多いようです。
最近は年齢からか
実力も衰えているように感じますが、
それでも世界王者に返り咲く実力は
持ち合わせていますので
世界7階級制覇を目指して
頑張ってもらいたいと思います。

 

3位 サウル・(カネロ)・アルバレス

サウル・アルバレスは
・元WBA・WBC世界スーパーウェルター級
スーパー王者
・元WBC世界ミドル級王者
・元WBO世界スーパーウェルター級王者

という肩書を引っ提げ、
誰もが恐れたカザフスタンの英雄
「ゲンナジー・ゴロフキン」
初めて黒星をつけた世界3階級制覇王者です。
ボクシング大国メキシコで
最も人気を集める人物でもあり
力強いパンチにキレのあるコンビネーション
数々の強豪をなぎ倒しています。
ミドル級あたりでは
世界ではトップクラスの実力を持っている
選手ですので今後村田諒太さんとの試合も
実現するかもしれません。

 

2位 フロイド・メイウェザー・ジュニア

フロイド・メイウェザー・ジュニアで
記憶に新しいエピソードとしては
年末に日本が誇る最強キックボクサーの
那須川天心もボクシングでは
格の違いを見せつけられ
日本人なら誰もがメイウェザーの強さを
思い知らされたと思います。

そんなメイウェザーは
史上初めて
無敗のまま5階級制覇を達成した人物です。
プロ戦績も50戦50勝無敗という
歴代単独無敗記録を残し、
ファイトマネーも数百億円と全てが規格外です。
ディフェンスの技術に優れ、
パンチをもらわないスタイルは
盛り上がりに欠けると賛否両論ありますが、
パウンドフォーパウンド
(階級の壁を考慮しない強さランキング)
1位を獲得した本物の実力者です。

先日UFC王者のコナー・マクレガーを
10ラウンドTKOで沈めて
引退を表明しましたがいつの日か
現役復帰することを期待しています。

 

1位 ゲンナジー・ゴロフキン

そして最強のパンチ力1位
ゲンナジー・ゴロフキンといえば
元WBA・WBC・IBF世界ミドル級
(スーパー)王者という
凄まじい経歴の持ち主です。
世界戦17連続KO防衛記録は歴代最多で
強烈なパンチ力と絶妙な距離感が
相手を苦しめます。

アマチュア時代を含めると
400戦近くを行っているのにも関わらず、
ダウン経験は無く打たれ強さもトップクラスです。
2018年9月に行われた
サウル・アルバレスとの試合では
初の敗北を喫しましたが
(全盛期の実力であれば)
最強はゲンナジー・ゴロフキン
間違いないと思います。

 

以上がプロボクサーの
『パンチ力ランキング』
でした。

今思えば10位の中に
日本人が5人ランクインしていて
個人個人の実力もそうですが何より
日本人の育成能力に感動しました。

この日本の育成能力がないと
ここまで強い選手が多くあらわれることが
ないと思います。

また、日本人で最強なのはやはり
井上尚弥選手だと思います。

 

最後に

 

今回は
『パンチ力ランキング』
についてご紹介させて頂きました。

ランキングはいかがだったでしょうか?

現段階ではこのような順位になっていますが
これからの世代で新しい最強が出てくるのも
今後期待して行きたいと思います。

ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは 僕の名前はボブといいます。 北海道に住んでおり美味しいものをたくさん食べて育ちました。 好きなものは漫画、アニメ、映画、ゲーム、旅行、美味しいものです。 これまでの経験を生かして見てくれている方に意外と知らないことなどを紹介出来ればと考えております。 よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ボブブロ , 2019 All Rights Reserved.