ポップ・スモークを殺した犯人は誰?プロフィールや経歴も紹介!

海外

 

新進気鋭のラッパーの「ポップ・スモーク」さんが、
19日午前4時30分ごろ自宅に
侵入した何者かによって射殺され話題になっています。

ポップ・スモークさんはアメリカではとても期待されており、
人気もあったそうです。

そこで今回は気になる
『ポップ・スモーク』さんを殺した
犯人についてお調べさせてご紹介させて頂きます。

また、『ポップ・スモーク』さんについても
ご紹介させて頂きます。

 

スポンサードリンク

ポップ・スモークを殺した犯人は誰?

それでは早速
『ポップ・スモーク』さんを殺した
犯人についてお調べさせてご紹介させて頂きます。

『ポップ・スモーク』さんを殺した犯人について
お調べしましたが詳しい情報はありませんでした。

分かっていることは2人の男が自宅に侵入し
数発発砲して逃走したという事だけでした。
その為、強盗が家に侵入した動機や殺害の理由について
も現在明らかになっていません。

詳しい情報が分かりましたら追って追記させて頂きます。

ちなみに『ポップ・スモーク』さんは銃殺される前に
家でパーティーか集会のようなものを開いており
色んな人を招待していたそうです。

殺害直後、友人のニッキー・ミナージュが
謎めいたメッセージをSNSに投稿しています。

「聖書は、jeは墓と同じくらい残酷だと言っています。
信じられないほどです。安らぎをポップ。」

「je」という言葉を使うことで、彼女は犯人と
ポップスモークの間に関係があると言っているようです。

今回の殺害現場は、「RHOBH」のスターである
テディメレンキャンプとロサンゼルスにいくつかの家を
所有する夫のエドウィンアロヤーブによって所有されており、
ポップ・スモークさんはこの家を借りて住んでいたようです。

スポンサーリンク

ポップ・スモークの経歴は

折角なのでポップ・スモークさんの
経歴やプロフィールについてご紹介させて頂きます。

プロフィールはこちらです。

名前:バシャー・バラカ・ジャクソン
年齢:20歳
出身:アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク ブルックリン区
正直ポップスモークさんはまだまだ新人だった為
詳しいプロフィールはありませんでした。

経歴こちらです。

2018年よりラッパーとしてのキャリアをスタートさせました。
2019年4月に発表したシングル
“Welcome to the Party”の大ヒットにより、
ブルックリンドリルの旗手として注目を浴びるようになります。
同年7月には1stミックステープ『Meet The Woo』をリリースし
同曲は後に同郷のフィメールラッパー
Nicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)と
、Skepta(スケプタ)を客演に迎えたリミックスも
発表しています。

Smokeは本年2月に、Migos(ミーゴズ)のQuavo(クエヴォ)ら
豪華ゲストが参加した2ndミックステープ
『Meet The Woo 2』をリリースし、この曲が
最新の全米アルバム・チャートで初めてトップ10入りしています。

スポンサーリンク

最後に

 

今回は
『ポップ・スモーク』さんを殺した
犯人についてお調べさせて
ご紹介させて頂きました。

本当に今回の事件は悔まれる事件です。

正直アメリカらしい事件ではありますが
出来るだけ若い才能を失わないで欲しいと思います。

また、日本は本当に安全な国だという事が
再認識出来ました。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました