フクロモモンガの飼育の難易度は高くて大変?おすすめの飼育セットは?

その他

 

この記事を見て頂いているということは以下のような疑問を抱えていると思います。

・フクロモモンガの飼育の難易度は高くて大変?
・おすすめの飼育セットは?

そこで皆さんの代わりに詳しく「モモンガの飼育」についてお調べしましたので疑問を解決したい方は最後までご覧ください。

 

スポンサードリンク

フクロモモンガの飼育の難易度は高くて大変?

 

ネットでフクロモモンガの飼育の難易度は高くて難しいと目にすることがあります。

 

しかし、実際に飼ってみるとネットで言っているほど難しくありませんでした。

 

現在うちでは4匹のフクロモモンガを飼っているので実体験を踏まえながら飼育について詳しくお伝えさせて頂きます。

 

食べ物

 

フクロモモンガは意外に人間と同じ雑食なので色んな物を与えることができます。

 

しかし、ちゃんと栄養バランスを考えないと肥満や栄養失調などになってしまうので食べ物には気をつけましょう。

 

ちなみにうちで飼っているモモンガ達の主食はモモンガ専用フードで副食にゼリー、にぼし、果物などをあげています。

 

また、小松菜やニンジンなどの料理で余った野菜を与えると栄養にいいのでおすすめです。

 

モモンガの中には偏食で少な物しか食べない子もいるのでそうゆう子の対処法をまとめた記事もありますので参考までにご覧ください。

ちなみにモモンガに与えてはいけない物は以下の通りになります。

 

・スイセンやチューリップなどの花
・ニラや玉ねぎ、ジャガイモの芽
・人間用お菓子

 

これらの物はモモンガにとって有害なので絶対に与えないようにしてください。

 

ケージ

フクロモモンガは山地の木の上で生活する動物なので上下運動ができる縦長のケージに止まり木を沢山与えるのがオススメです。

 

また、寝床としてポーチなどを与えるとその中で気持ちよさそうに寝ますよ。

 

フクロモモンガを飼う上で気になるのが臭いだと思いますが排泄しながらマーキングをする習性があるのでケージや止まり木をこまめに掃除しないと部屋が臭くなってしまいますので気をつけましょう。

 

部屋の室温

 

フクロモモンガ暖かい地域に住んでいるためは寒さに弱いです。

 

そのため室温は人間が過ごしやすい22℃~28℃に保っておくことを心がけてください。

 

ケージの中に小さい温度計を入れておくと常に温度がわかるのでオススメです。

 

ちなみに僕はデジタルの温度計を置いています。

 

また、フクロモモンガは直射日光に弱いのでケージは直射日光が当たらず、エアコンの風が直接当たらない場所に置くようにしましょう。

 

寿命

 

フクロモモンガの平均寿命は10年前後と言われています。

 

小動物の中でも寿命が長い方ですが野生では5年程度の寿命と言われているのでちゃんと飼育をしないと早死にしてします恐れがあります。

 

・十分な栄養摂取ができない餌を与えている
・適した飼育環境を整えていない
・不注意によるケガや病気

 

この為、以上のことを気をつけて飼育してください。

 

価格

 

フクロモモンガの値段については以下の記事で詳しく書いてありますので気になる方はご覧ください。

 

触れ合い方

 

フクロモモンガは頭がよくちゃんと育てれば人に懐いてくれます。

 

しかし、元々は臆病な性格なので飼い始めの時はすごい威嚇してきます。

 

なので最初は触れ合いたい気持ちを抑えて無理に抱き上げたりせずに時間をかけてコミュニケーションをとって行きましょう。

 

ちなみに僕がポポを初めて迎えた時はめちゃくちゃ威嚇していたのでモモンガようのミルクをあげている間に少しずつ触るように心がけたところ今では体に飛び乗ってくるようになりましたよ。

 

飼育する上での注意点

 

フクロモモンガは神経質でストレスに弱く、飼育環境に十分注意してあげないとすぐに死んでしまうことがあります。

 

特にストレスに敏感な赤ちゃんの時から育てたい方はより注意が必要です。

 

また、フクロモモンガは上下運動を好むので高いところに登り謝って落下して怪我ということが十分に考えられますので硬いものを床に置かないように心がけましょう。

 

おすすめの飼育セットは?

 

実際にフクロモモンガを飼う上で必要だった飼育セットについてご紹介させて頂きます。

 

ゲージ

 

一番大事なゲージですが個人的には「アクリルゲージ」がオススメです。

 

アクリルゲージは

・ケージ周辺が汚れない
・中の視認性が高い
 ・冬、暖かい
・長持ちする

このようなメリットがあります。

 

しかし、もちろん以下のようなデメリットもあります。

・値段が高い
・夏、暑い
・冬、使える暖房器具が限定される

 

なのでゲージを選ぶ際はこのような点に注意して決めましょう。

 

保温器具

 

暖房器具がないとモモンガは冬場を凌げません。

 

なので出来ればゲージの中と外に保温器具をつけてあげましょう。

 

付ける場所は基本どこでも大丈夫ですが僕のおすすめの場所はゲージの底です。

 

ゲージの底に敷くタイプの保温器具があるので僕はそれを使ってます。

 

冷気は重いのでゲージの底が寒くなりモモンガがその寒さに耐えられず床で亡くなるということがよくあるので出来るだけそこを冷やさないように心がけましょう。

 

温度計

 

先ほども軽くお伝えしましたがモモンガは寒いと死んでしまうので小さい温度計を使って温度管理をしましょう。

 

デジタルの温度計だと見やすいですよ。

 

床材

 

床材の種類も多いですがホコリがでにくい素材や、チップが重いものを選ぶとお手入れがしやすいです。

 

また、クッション性の高さや、吸収性の高さも頭に入れて選ぶといいですよ。

 

ちなみに僕は床材に新聞紙を使っています。

 

最初は木の床材を使っていましたが細かい木が至る所に散らばり掃除が大変だったので辞めその後ペットシーツにしましたがモモンガの爪が引っかかり床材の意味がありませんでした。

 

そこで最終的に新聞紙にたどり着いたという形です。

 

新聞紙のいいところは匂いを吸収してくれるというところです。

 

なので匂いが気になる方は新聞紙がオススメです。

 

登り木・ステージ

 

モモンガは木登りが好きなので登り木やステージをたくさん置くと喜びますよ。

 

形は三角形や長方形などたくさん種類がありますので飼っているモモンガに合わせてカスタマイズしてあげてください。

 

また、モモンガは狭いところが好きなので何個か隠れられる布製のポーチや小屋などを設置するのもオススメです。

 

エサ入れ・水入れ

エサ入れはひっくり返さないようにある程度の重さがあるものを与えましょう。

僕は100均で買った陶器の小皿を使っています。

陶器製のものだと洗いやすいので手入れも簡単ですよ。

 

また、100均なのですぐに買い替えれるのも経済的でいいですよね。

水入れはケージ側面に取り付けられるものが扱いやすいです。

基本的に水は毎日交換しましょう。

以上が飼育セットになります。

少しても参考にならば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました