槇原敬之の芸能界引退する?復帰する?今後の芸能活動はどうなる?

芸能人

 

今回は
『槇原敬之』について
ご紹介させて頂きます。

先ほど速報で衝撃的なニュースが流れました。
それは歌手の槇原敬之容疑者が13日、
覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕されていた
というニュースです。

また、槇原敬之容疑者は99年8月に
覚せい剤取締法違反で逮捕されており、
今回の逮捕で2回目となるそうです。

そこで今回は気になる
槇原敬之の今後の活動について
ご紹介させて頂きます。

 

スポンサードリンク

槇原敬之の芸能界引退は確定?

それでは早速
「槇原敬之の今後の活動」について
ご紹介させて頂きます。

覚醒剤取締法違反で2度目の逮捕
という事で気になるのが

「引退するのか」
「復帰するのか」

についてだと思います。

前回、槇原敬之が覚醒剤取締法違反で捕まった際は
槇原敬之さんは覚せい剤事件は判決を受けた直後、
坂本龍一のクリスマスコンサートにサプライズ出演しています。

本格復帰は判決から約1年後の2000年11月でした。
以前所属していたワーナーミュージック・ジャパンに
復帰移籍し、アルバム『太陽』を11月にリリースしています。
そこから活動を再開しました。

2003年にはSMAPに提供した
「世界に1つだけの花」が売上200万枚以上を記録を残し
この曲が槇原敬之さんの作詞作曲であることは有名です。

前回が本格復帰までに約1年でした。
今回は2度目という事もあり事件を受けて
謹慎と復帰はどのような形になるのでしょうか。

確実に前回と比べて謹慎期間は長くなると思います。

また、もう一つの説の引退です。

槇原敬之さんは今年で芸能活動30周年を迎える
記念すべき年でした。

その為、30周年プロジェクト第1弾となる
カバー・ベスト・アルバム
『The Best of Listen To The Music』をリリースするなど
しており、これからの活動が期待される中での
この覚醒剤の事件だったので芸能界引退という可能性も
少なくないと思います。

年齢も50歳という節目だったためこの事件を機に
引退してもいいかもしれませんね。

正直、何個もヒット曲を世に送り出している為
芸能活動に悔いはないと思います。

個人的には引退するとなると悲しいですが。

スポンサーリンク

復帰をしたらヒット曲が生まれる?

槇原敬之さん自身が話すところによると、
2003年にSMAPに提供した名曲「世界に一つだけの花」は、
1999年逮捕時の留置所生活が大きく関わっているそうです。

「『槙原さんが来るなんてびっくりした。苦労がない人だと思ってたから』と言われた。彼らからみると、順風満帆にみえる人の歌を聴いても『どうせ、おれたちの痛みなんて分からない』みたいなものがあるのかな」

この経験などを通して、「何が間違っていたか」を毎日考え続けたという槇原は、自分の歌を本当に聴いてほしい人に届いてないということに気がついたのだ。

この気づきにより、再び曲作りの火が灯ったという槇原は、次のようにも語っている。
「歌が、人の心の中で、本当の意味で必要なものでありたいと思ってから、急にすべてが変わりました。だからこそ、SMAPの歌が書けたと思う」

引用:エキサイトニュース

前回の逮捕の気付きで曲作りの情熱を取り戻した
とのことだった為、
今回の逮捕はまた槇原敬之さんの曲作り大きく
影響が出るかもしれませんね。

もし、芸能活動を復帰させてたら「世界に一つだけの花」
を超えるようなヒット曲が生まれる可能性はありますね。

陰ながら期待したいと思います。

スポンサーリンク

最後に

 

今回は
『槇原敬之』について
ご紹介させて頂きました。

本当に衝撃のニュース過ぎて
正直僕はショックです。

槇原敬之さんの音楽はよく聞いており
曲で癒されていたこともあるほどでした。

今回の逮捕は2回目という事で
前回よりも正直、厳しい判決になる可能性があるので
槇原敬之の芸能活動は当分休止しそうですね。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました