槇原敬之の覚醒剤入手ルートはどこ?所属事務所の元社長?再発なぜ?

芸能人

 

今回は
『槇原敬之』について
ご紹介させて頂きます。

先ほど速報で衝撃的なニュースが流れました。
それは歌手の槇原敬之容疑者が13日、
覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕されていた
というニュースです。

また、槇原敬之容疑者は99年8月に
覚せい剤取締法違反で逮捕されており、
今回の逮捕で2回目となるそうです。

そこで今回は気になる
槇原敬之容疑者の覚醒剤入手ルートについて
ご紹介させて頂きます。

 

スポンサードリンク

槇原敬之容疑者の覚醒剤入手ルートは?

それでは早速
槇原敬之容疑者の覚醒剤入手ルート
についてご紹介させて頂きます。

お調べさせて頂きましたところ
覚醒剤の入手ルートについての確定した
情報はありませんでした。

しかし、気になる記事を見ついてましたそれが
こちらです。

所属事務所で社長を務めていた人物が18年3月、
覚醒剤取締法違反で逮捕されている。

という記事です。

また、このように記載している記事もありました。

2006年3月から2018年3月まで代表取締役であった男が
覚せい剤取締法違反で起訴されています。
既に事件前の同年3月12日付で代表取締役から解任されており
ワーズアンドミュージックは解任理由を
「代表としての役務不履行によるもの」として
事件との関係を否定しています。

これによりある仮説が浮かび上がります。

それは所属事務所の株式会社ワーズアンドミュージック
の社長から覚醒剤を受け取っていたのではないか
という事です。

株式会社ワーズアンドミュージックは

もともと、1996年に槇原敬之の個人事務所株式会社
River Wayとして設立しており同時に当時所属していた
レコード会社ワーナーミュージックジャパン内に同名の
プライベートレーベル(現在は消滅)が発足しています。

その為、逮捕された社長とは仲も良く親密な仲だった
可能性が高いため覚醒剤についても受け取っていた可能性は
十分に考えられます。

詳しい情報が分かり次第随時ご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

槇原敬之が覚醒剤を再発させたのはなぜ?

次は
覚醒剤を再発させた理由について
ご紹介させて頂きます。

プレッシャーへの対処

槇原さんを含め、新たなものを常に生み出すことを
仕事とするアーティストや芸能人と呼ばれる人たちに
とって付いて回るものがあります。
それは大きなプレッシャーにさらされていることです。

もちろん他の仕事も決して例外ではありませんが、
そのようなプレッシャーを緩和する方法は人によって異なるものです。

例えば自分なりのストレス発散法を実践したり、
適度にお酒を楽しんだりゲームをしたりしています。

しかしプレッシャーが大きくなればなるほど、
その選択肢に薬物が入ってくる可能性は高くなります。

その為芸能人で薬物に手を出す人が多いのかもしれません。

スポンサーリンク

交友関係も絡んでいる

さらに槇原敬之さんを取り巻く環境で残念だったポイントは、
交友関係を通して覚せい剤を入手するルートが身近にあったことです。

薬物を実際に必要とする状況など存在しないものの、
もし仮に「欲しい」と思ったところで簡単に入手できないなら
それだけで済むことです。

先ほどもお伝えしましたが彼の場合は所属事務所の元社長のような
公私共に密接な関係にある人が薬物依存者であったため
覚せい剤を絶つことはきっと容易ではなかったと考えられます。

ですから少し残酷ではありますが、
クスリを絶つことと交友関係を絶つことは時に同じことを
指しているのかもしれません。

もし覚せい剤を使用している可能性がある人が身近にいるなら、
深い付き合いにならないよう気を付けるべきだと考えます。

スポンサーリンク

最後に

 

今回は
『槇原敬之』について
ご紹介させて頂きました。

本当に衝撃のニュース過ぎて
正直僕はショックです。

槇原敬之さんの音楽はよく聞いており
曲で癒されていたこともあるほどでした。

今回の逮捕は2回目という事で
前回よりも厳しい判決になる可能性があるので
槇原敬之の芸能活動は当分休止しそうですね。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました