木村花の母親の響子はどんな人?仲は良かった?離婚も自殺の原因?

スポーツ

女子プロレス「スターダム」に所属する
木村花選手が亡くなり「22歳という若すぎる」と
話題になっています。

木村花選手は現在NETFLIXで配信中の
「テラスハウス」にも出演していました。

そこで今回は
木村花の母親の響子はどんな人?
仲は良かった?
離婚も自殺の原因?
についてご紹介させて頂きます。

 

スポンサードリンク

木村花の母親の響子はどんな人?

それでは早速
木村花の母親の響子はどんな人か
についてご紹介させて頂きます。

亡くなった木村花さんの母親は
木村響子さんという人で木村花さんと同じく
日本の元女子プロレスラー・総合格闘家
していました。

しかし、2017年に引退をしており
現在は運転免許を取得しピンクの猫バスを購入し
関東近郊のプロレス会場で猪肉をメインとした
移動販売を行っているそうです。

また1997年にインドネシアで出会った男性と
結婚、9月に長女の木村花さんを出産し同年に
離婚をしているそうなので1人で木村花さんを
育てたことになりますね。

その後2016年に同じ坂口道場一族所属の
ISAOと再婚しており、2018年3月19日に
離婚しています。

このように木村響子さんは
多くの経験をして今に至っていることが
わかりますね。

スポンサーリンク

親子の仲は良かった?

View this post on Instagram

同じ年の木村響子選手。シングルマザーという境遇にあってもプロレスラーへの道を諦めず、片道1時間かけて娘を乗せたママチャリで道場通い。育児と家事、バイト、プロレス。電気もガスも水道も止められてしまったこともあったそう(うちも片親家庭だったから、このあたりも感情移入)。娘の木村花(超美人)を育て上げ、プロレスラーとしてデビューさせ、年下の格闘家と結ばれ……。今日は娘と夫とタッグを組んで、誰に当たっても逃げ場なしの最強ラスボス軍団(里村明衣子&アジャ・コング&鈴木みのる)と対戦しました。フリーの選手として団体の垣根をまたいで活躍していた木村選手の人望から、普段はメインを飾るようないろいろな団体のエースが豪華競演。わっちゃわちゃだったけど贅沢な時間でした。もう見られないと思うと寂しいけど、しっかり見届けられてよかった。木村選手、お疲れ様でした。 #木村響子 #LASTAFRO #木村響子引退興行

A post shared by Anna Osada/長田杏奈 (@osadanna) on

次は
親子の仲は良かったのか
についてご紹介させて頂きます。

結論から言うと
同じスポーツ選手になるくらいなので
仲は良かったと思います。

テレビにも「アウトデラックス」と言う番組に
親子で共演しており仲が良くないと
一緒にテレビに出ないと思います。

その時の写真がこちらです。

ここまで親子が仲が良くて
なぜ今回のような結果になってしまったのか
不思議ですね。

親には相談できなかったんですかね。

木村花の死因は自殺?葬式、お別れ会はいつ?テラハに新メンバー加入?
女子プロレス「スターダム」に所属する 木村花選手が亡くなり「22歳という若すぎる」と 話題になっています。 木村花選手は現在NETFLIXで配信中の 「テラスハウス」にも出演していました。 そこで今回は 木村花の死因は自殺? 葬式、お別れ会はいつ? テラハに新メンバー加入する? についてご紹介させて頂きます。
スポンサーリンク

母親の離婚も自殺の原因?

最後に
母親の離婚も木村花さんが
自殺の原因になっているのか
についてご紹介させて頂きます。

今回の自殺の原因については
違う記事でまとめましたのでこちらを
ご覧ください。

木村花が自殺した原因(理由)は?リストカットの画像を発見?
女子プロレス「スターダム」に所属する 木村花選手が亡くなり「22歳という若すぎる」と 話題になっています。 木村花選手は現在NETFLIXで配信中の 「テラスハウス」にも出演していました。 そこで今回は 木村花が自殺した原因(理由)は? リストカットの画像を発見? についてご紹介させて頂きます。

母親の離婚が木村花さんの自殺の原因
だったかについてお調べさせて頂きましたが
その可能性は少なからずあるのではないか
と思います。

木村花さんが生まれてすぐに父親がいない為
これまで頼れるのは母親だけだったと
言うことになります。

その為、お母さんに心配かけまいと
本当に辛いことは心にしまい込んでいたと
考えます。

僕の憶測ですが木村花さんは幼少期から
たくさん我慢してきておりそれが普通になって
しまったのではないかと思います。

今回の自殺はこの我慢が原因で
誰にも相談できず自分を追い込んでしまい
自殺という手段をとったのではないかと
思います。

こんなことが2度とないように
SNSでも誹謗中傷はやめましょう。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました