【新生活必見】家電・ネット・物件選びなどの前職を生かし自分なりに紹介したり漫画・ゲーム・映画・トレンドなど自分が気になることを好きに書かせてもらうブログ

【地学】火山噴火物の種類はどのくらい?火山の地形の種類は?

2019/07/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは 僕の名前はボブといいます。 北海道に住んでおり美味しいものをたくさん食べて育ちました。 好きなものは漫画、アニメ、映画、ゲーム、旅行、美味しいものです。 これまでの経験を生かして見てくれている方に意外と知らないことなどを紹介出来ればと考えております。 よろしくお願いします。

 

今回は
『火山噴火物』
についてご紹介させて頂きます。

本日7月28日
17時25分に桜島が
噴火しました。

その為今回は
火山が噴火した際に出る
『火山噴火物』
についてご紹介させて頂きます。

噴火物を把握することにより
今後の対策なども
出来ると思いますので
是非チェックして頂ければと
思います。

 

スポンサードリンク

火山噴火物の種類は3種類にわかれる?

それでは早速
『火山噴火物』
についてご紹介させて頂きます。

まず火山噴出物は大きく分けて
3種類に分かれます。

 

気体状で噴出されるもの
液体状で噴出されるもの
個体状で噴出されるもの

 

以上になります。

それではこちらの3種類を
詳しくご紹介して行きたいと
思います。

 

気体状で噴出される火山噴出物

まず、気体状で噴出される
火山噴出物は『火山ガス』です。

こちらの火山ガスは
主成分として水蒸気、二酸化炭素で
ほかに二酸化硫黄(亜硫酸ガス)

も含まれています。
通常は少量の水素ガス、一酸化炭素、
硫化水素、塩化水素が含まれます。
火山によっては

フッ化水素、四フッ化ケイ素、
メタンガス、アンモニア、
硫化カルボニル、ヘリウム、
ラドン、水銀蒸気

などが含まれることもあります。
毒性をもつ成分や酸欠により
動植物の生命に大きな危害

及ぼすことがあります。
また、熱により周辺の生態に
大きな影響があることも多く、
吸った動物や人間がその場で死亡する
ことも珍しくありません。
また、中毒に気づかず
手遅れとなり死亡することもあります。
噴火はしなくても、
恒常的あるいは間歇的に
火山ガスのみを噴出する火山も多く
温度は数百℃以上であることが多いです。

 

 

液体状で噴出される火山噴出物

次に液体状で噴出される
火山噴出物は『溶岩』です。

こちらの溶岩は
火山の火口から流れ出す
高温で液状のものです。
冷えて固まったものも
溶岩と言います。

一般に噴出前のマグマは
水を主成分とする
揮発成分を大量に含んでいるため、
減圧作用により
発泡することが多いです。
この揮発成分は常時少しずつ
マグマから分離し火山ガスとして
放出されているが噴火の際には
一気に大量のガスが抜け出て
噴火時の爆発や
高く上る噴煙を形成します。

火口から流出する溶岩流にも
揮発成分が含まれており、
地上に出た際の圧力低下によって
徐々にガスが分離するため
多数の気孔や気泡を含んでいることが
一般的です。
しかし、マグマの噴出が高水圧のかかる
深海底で起きる場合や
溶岩湖を形成したりした場合
には
この限りではありません。

 

個体状で噴出される火山噴出物

個体状で噴出される火山噴出物は
『火山砕屑物』です。

こちらの火山砕屑物は
火山から噴出された固形物のうち、
溶岩以外のものの総称です。
溶岩を含めないという点で
火山噴出物とは異なります。
火山砕屑物が固まった岩石を
火山砕屑岩といいます。

この火山砕屑物の中には

火山灰、火山れき……火山灰と火山れきはとても似ていますが、個体の大きさによって呼び方が異なります。2mm以下のものを火山灰と呼び、それ以上の大きさのものを火山れきと呼びます。
火山弾……火山弾は吹き飛ばされたマグマが空中で冷え固まってできたもので、物によっては家よりお大きなサイズになることがあります。
軽石……軽石は軽くて小さな穴がたくさん空いているものです。特徴としては大体白っぽい色をしています。

があります。

 

火山の地形の種類とは?

続いては
『火山の地形』
についてご紹介させて頂きます。

火山の地形には数多くの
種類があります。
今回はその中からいくつか
ご紹介させて頂きます。

 

成層火山

 

主に同一箇所の火口から
噴火を繰り返しその周囲に
溶岩と火山砕屑岩が積み重なった

円錐形に近い形の火山体です。
日本の火山の多くは成層火山です。
マグマの粘り気は中くらいになります。
火山の噴火タイプとしては、
ストロンボリ式噴火や
ブルカノ式噴火をする火山が
こうした火山になりやすいです。

例 – 富士山、岩手山、伊豆大島、羊蹄山

ちなみに今話題の桜島
こちらの成層火山です。

 

楯状火山

 

流動性の高い玄武岩質の溶岩が
積み重なった傾斜のゆるい火山体です。

そのため、通常は面積が広く
日本でこれまで「アスピーテ」と
されてきた火山は成層火山が
侵食によって平坦になったり、
もともと平坦であった場所に
小規模な溶岩流が重なったり
したものであり楯状火山
ではありません。
また、伊豆大島や三宅島は
玄武岩を主に噴出する火山だが、
火砕物の量が多く楯状火山ではなく
成層火山であります。
火山の噴火タイプとしては
ハワイ式噴火やストロンボリ式噴火をする
火山がこうした火山になりやすいです。

例 – マウナ・ロア山、キラウエア火山

 

溶岩ドーム(溶岩円頂丘)

 

マグマの粘性が高くガスが少ないため
爆発的な噴火を起こさず、
火口から塊となって押し出されたものです。

形は多様であるが高さには限界があり、
噴出量が多い時は平坦になる傾向があります。
溶岩ドームをさらに細分して
上面が平坦になったものを溶岩平頂丘
火道内で固化したまま
押し出されてきたものを火山岩尖と言います。
また、地表を隆起させたが
溶岩自体は噴出しないで終わった
(溶岩ドームになりそこなった)ものを
潜在ドーム(潜在円頂丘)と言います。

例 – 昭和新山、茶臼岳、妙高山、平成新山

 

これら以外でも
まだまだ多くの地形がありますが
日本の火山は
ご紹介させて頂きました、
3種類が主な地形となっております。

 

最後に

 

今回は
『火山噴火物』
『火山の地形』について
ご紹介させて頂きました。

日本は火山が多い土地の為
皆さんの近くの火山が
いつ噴火するかわかりません。

最近噴火した桜島のように
なるかもしれません。

なので、その際の準備は
しておいた方がいいかもしれません。

ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは 僕の名前はボブといいます。 北海道に住んでおり美味しいものをたくさん食べて育ちました。 好きなものは漫画、アニメ、映画、ゲーム、旅行、美味しいものです。 これまでの経験を生かして見てくれている方に意外と知らないことなどを紹介出来ればと考えております。 よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ボブブロ , 2019 All Rights Reserved.