池袋暴走事件の傍聴の倍率はどれくらい?飯塚幸三は死刑になる?

事件

 

東京・池袋で松永真菜さんと娘の莉子ちゃんの
親子2人を死亡させた飯塚幸三被告の初公判が
開かると話題になっています。

そこで今回は
池袋暴走事件の傍聴の倍率はどれくらい?
飯塚幸三は死刑になる?
についてご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

池袋暴走事件の傍聴の倍率はどれくらい?

それでは早速
池袋暴走事件の傍聴の倍率はどれくらい
なのかについてご紹介させて頂きます。

池袋暴走事件は去年の4月に起きています。

この事件で飯塚幸三被告は2人を死亡させ、
8人にケガをさせた過失運転致死傷の罪に
問われています。

世間を騒がせる大きな事故だったので
今回の初公判は注目を集めています。

そこで気になる池袋暴走事件の傍聴の倍率は
どれくらいなのかについてお調べしたところ
詳しい情報はありませんでした。

しかし、今回の注目度を考えると
かなりの倍率になると考えられます。

目安として最近、傍聴席の倍率が高かったもの
裁判をご紹介させて頂きます。

河井前法相夫妻裁判の傍聴券倍率は18倍
槇原敬之被告の裁判傍聴券倍率17・6倍

この様に大体15倍は軽く超えています。

その為、今回の池袋暴走事件の傍聴の倍率も
これくらいまで行くのではないかと思います。

確かにも僕もこの裁判については少し興味が
あるので実際に見たい気持ちはあります。

スポンサーリンク

飯塚幸三は死刑になる?

次は
飯塚幸三被告は死刑になるのか
についてご紹介させて頂きます。

今回の初公判で飯塚幸三被告の判決について
Twitterでは

この様な声が多くありました。

そこで飯塚幸三被告は死刑になるのか
についてお調べしましたが流石に
わかりませんでした。

しかし、死刑の基準について調べたところ

長らく日本の刑事裁判においては、「永山基準」と呼ばれる死刑求刑の基準がありました。

1968年に4人を射殺した永山則夫元死刑囚の裁判において、83年に最高裁判所が死刑適用の基準として挙げたものですが、基準の内容に複数の命を奪った場合に「死刑」の判決が下されるべきというものがあったのです。

「死刑」になるのは2人以上殺した場合で、殺したのが1人だと最高でも無期懲役といった不文律が存在したとも言われています。

しかし、裁判員制度が導入された現在、事件の内容が非常に悪質なものであれば、被害者が1人であっても「死刑」が求刑され、そのまま「死刑」の判決が下されるケースも出てきています。

この様な記載がありました。

その為、飯塚幸三被告の池袋暴走事件の
被害者を見てみると2人を死亡させ8人に
怪我を負わせているのでもしかすると
死刑になるかもしれませんね。

初公判は8日10時からとのことなので
明日の判決を待ちましょう。

ありがとうございました。

スマイルアカデミー
副業・ネットビジネスに関する情報を中心にお届けするサイトとなっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました