日本工業大学の学生の判決は無罪?展示物火災のイベント主催者は誰?

事件

 

2016年に展示物の木製ジャングルジムが
燃えて男児が死亡した事件で重過失致死傷罪に
問われた当時19歳の大学生だった男性ら2人の
初公判があり話題になっています。

そこで今回は
日本工業大学の学生の判決は無罪?
展示物火災のイベント主催者は誰?
についてご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

日本工業大学の学生の判決は無罪?

https://twitter.com/yymods/status/1295985378667589632?s=20

それでは早速
日本工業大学の学生の判決について
ご紹介させて頂きます。

ニュースによると

2人は事実関係を認めて被害者に謝罪した上で、
「発火するとは考えられませんでした」
などと無罪を主張した。

それに対して検察側は冒頭陳述で、
「高熱を出す白熱灯を内部に放置すれば、展示物に付着していた大量の木くずが脱落して発火し、火災になることが予見できた」
と主張した。

このような話になっているようです。

その為、もしかすると裁判が長引く可能性が
高そうです。

判決が決まるのはまだまだ後になるかもしてませんね。

ネットでは

このような声が多くありました。

確かに大学生にまでなって知らなかったという
主張が通るのはおかしいと思います。

現に1人の子供が亡くなっていることを
考えると流石に何らかの罰がないと亡くなった
子供とその親が報われないですよね。

スポンサーリンク

展示物火災のイベント主催者は誰?

次は
展示物火災のイベント主催者は誰か
についてご紹介させて頂きます。

展示物火災のイベント主催者は誰か
についてお調べしたところ主催していた
会社を見つけることができました。

その主催会社は
「NPO法人デザインアソシエーション」
という会社でした。

また、社長の川崎健二さんという方で事件当時
「ざんきに堪えません。大変重く受け止めています」
と謝罪しています。

しかし、ここで1番の違和感なのは
「なぜ主催者や大学や教授でなくて学生が被告なのか」
ということです。

ニュースによると

日本工業大学の指導教員やイベント会社の社長らは
不起訴処分になっているそうです。

当事者ということはわかりますが
なぜ学生の2人だけ被告になっているのかは
とても不思議ですね。

何か大きな力が働いているのかもしれませんね。

ちなみに日本工業大学の成田健一学長も
「尊い命が奪われ、大変申し訳ない」
と謝罪していました。

今後、どのような判決になるのか目が離せませんね。

これで本当に無罪だったらネットが荒れそう、、、

ありがとうございました。

ミニーカジノの登録方法・入金方法・出金方法・遊び方について徹底調査!
最近、ネットで噂になっているオンラインカジノですが そのオンラインカジノの中でも一番人気が上昇しているのが 『ミニーカジノ』です。 そこで今回は ミニーカジノの登録方法・入金方法・出金方法・遊び方について ご紹介させて頂きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました