半夏生に咲く植物、ハンゲショウの育て方は?花言葉や購入方法も調査!

生活

 

今回、7月2日の半夏生に咲く植物の「ハンゲショウ」の育て方についてお調べしました。

すると以下のようなことがわかりました。

・飼育場所は日当たりが良く、湿度が高い場所が良い
・乾燥を嫌い、常に土が湿るように水をあげる
・土は水持ちの良い土壌が好ましい

より詳しく「ハンゲショウ」の育て方について知りたい人は引き続き以下の記事をお読みください。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

半夏生に咲く植物、ハンゲショウの育て方は?

場所、水やり

まず、育てる場所ですが野生のハンゲショウは日当たりと湿り気のある環境に生息しているため、自宅で育てるときは日当たりが良く湿度が高い場所で育てる必要があります。

しかし、年中湿度の高い状態にするのは厳しいという方も多いと思います。

そんな方は湿り気の多い土壌に変えてても良いですし水辺や池周りなど、株元が少し水につかるようにしても良いのでとにかく乾燥をしない方法で育てましょう。

オススメは大きめ鉢にハンゲショウを入れ底皿から吸水させるようにすると管理が楽ですよ。

 

肥料

続いて肥料についてですがハンゲショウへは、春に追肥として、緩効性化成肥料を土中に埋め込見ますがその際に肥料成分の窒素が過剰になると、斑がきれいに白くならないこともあるので注意してください。

 

植え付け

ハンゲショウの植え付け時期は2~3月頃が適期です。

このとき、掘り上げた地下茎を切り分けて植え付けましょう。

 

植え替え

ハンゲショウを鉢植えしていて、根詰まりしているようなら株分けを兼ねて植え替えを行って下さい。

芽の出る前が植え替えの適期です。

土壌が合っているとハンゲショウはあっという間に繁殖してしまうので、増えすぎた場合は適宜間引いて下さい。

以上が半夏生の育て方になります。

日当たりの良い所でちゃんと水をあげていれば白い斑の葉が出来てとても綺麗なのでぜひハンゲショウをうまく育てて見てください。

スポンサーリンク

花言葉は?

ハンゲショウ(半夏生)の花言葉は「内気」、「内に秘めた情熱」です。

この花言葉はハンゲショウの花弁の色が変わることに由来しています。

ハンゲショウは花期になると、緑色だった葉がそっと白く変わっていく特徴のあることから大きな目立つ花は咲かせないのにも関わらず、葉を白く変色させる様子が「内気」や「内に秘めた情熱」があるように見えたことから付けられています。

 

購入方法は?

ハンゲショウ(半夏生)の購入方法はホームセンターなどの大型の植物取扱店舗で購入するのが一般的となっています。

最近では楽天市場などのネット通販でも購入することが出来るようなので近くに大型のホームセンターがない方はネットで購入してみても良いと思います。

ネットで購入される方のために下にリンクを貼っておきますので良ければお使いください。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(山野草)ハンゲショウ(半夏生)(1ポット) (休眠株)
価格:790円(税込、送料別) (2022/3/17時点)

楽天で購入

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました