グレタ・トゥーンベリが批判される理由は?発達障害の「アスペルガー症候群」が原因?

トレンド

 

今回は
『グレタ・トゥーンベリ』
についてご紹介させて頂きます。

国連での鬼気迫るスピーチにより、
環境保護活動家として
一躍世界的有名になった
グレタ・トゥーンベリさんですが
そんな彼女がいま批判されています。
一見すると、いたいけな16歳が
地球保護を訴えて涙ものに見えますが、
彼女に批判の声が高まっているのは
なぜでしょうか?

今回はそんな
グレタ・トゥーンベリさんの批判の原因
についてご紹介させて頂きます。

 

スポンサードリンク

なぜグレタ・トゥーンベリは批判される?

 

それでは早速
なぜグレタ・トゥーンベリは
批判されるのかご紹介させて頂きます。

 

学校をさぼってデモやってる

グレタ・トゥーンベリさんは
スウェーデンのストックホルムにて
義務教育を終えたばかりの
16歳です。
義務教育を終えたということで、
高校を休んでは気候変動に対する
デモ活動に身を投じています。
彼女に感化され、他の学生も
デモに参加しているらしいです。
世間的には
「デモより、学校行けや」
といいたいのだと思います。
僕は本人の自由だと思うので
どうしてもデモに行きたいなら
学校に行かなくてもいいと思います。

さらにグレタさん、1年間学校を休学して
地球温暖化をアピールする活動に
従事することにしてしまいました。

 

ヨット使って大西洋横断してる

これは話題になりましたが
ニューヨークで行われる国連の
気候変動サミットに向かうため、
なんとヨットで大西洋横断したのです。

理由は、飛行機は二酸化炭素
(CO2)の排出量が多いからとのこと
でした。

これにより世間では
単なるパフォーマンスなのでは?
悪いイメージを与えてしまいました。

確かにヨットの方が二酸化炭素の
排出量は少ないですが結局ヨットを
作るときに二酸化炭素は
出てしまうと思います。

彼女の目線から考えると
環境保護活動家の自分は少しでも
二酸化炭素を排出しないように心がけた
のが裏目に出てしまったのだと思います。

 

「私の子供時代を盗んだ」というスピーチが大袈裟すぎる

 

そして、最大の原因がこの国連にて
物議を醸したスピーチの中の
この一説です。
「あなた達は私の夢と子供時代を、
その空っぽな言葉で盗んだ!」
環境破壊者の大人たちを
盗人呼ばわりしたのが
カチンときた人が多かったみたいです。

ただでさえ他人様のお金を使い、
ヨットで大西洋を横断するなんて事を
しちゃったグレタさんですから、
「子供時代を盗まれた」
なんて言われると大袈裟に
感じてしまいますね。

Twitterではこのような写真もありました。
「子供時代を奪われた」と
言いながらヨットで大西洋横断
クルージングするグレタさん
労働によって真に子供時代を
奪われている子供との写真比較です。

確かにこの写真を比較されたら
グレタさんは恵まれていて
いい子供時代を過ごしている
ように見えます。

ただグレタさんも決して
凄く恵まれているわけではありません。
グレタさんは生まれながら
発達障害のアスペルガー症候群
持っています。
そんな彼女が自分が目立ちたいだけで
世界中の人達にここまで
地球温暖化について伝えていることが
出来るでしょうか?

僕はもう一度皆さんで
彼女の発言をまっさらな気持ちで
聞いてほしいと思います。

 

批判されるのは「アスペルガー症候群」が原因?

グレタさんが公表した
『アスペルガー症候群』
について気になったので
お調べさせて頂きました。

すると、この発達障害の
『アスペルガー症候群』
批判されている原因なのではないかと
思いましたので
ご紹介させて頂い来ます。

 

症状

 

アスペルガー症候群では、

社会性発達の質的な異常
コミュニケーションの質的な異常
興味や活動の偏り

の3つを特徴とした症状が出現します。

【社会性発達の質的な異常】

アスペルガー症候群の方は、
一見すると他人に興味が
ないようにみえます。
しかし、本当に興味がないわけではなく
どうやって他人と関わっていけばいいのか
その方法がわからない状況です。
その為、アスペルガー症候群の方は
人のなかで浮いてしまうことが多く
幼児期には一人遊びが中心となります。
しかし、他人にリードされること、
自分より年齢が小さい子をリードすること
などは可能なことがあります。

【コミュニケーションの質的な異常】

アスペルガー症候群では、
場や年齢にそぐわない
言葉づかいをします。
また、年齢相応の羞恥心や
常識についての理解が
乏しいこともありオブラートに
包んだ表現をすることも苦手です。
本人に悪気があるわけではなく、
思ったことを正直にいう
傾向があります。
しかしこうした気持ちは、
他人には伝わらないこともあり、
対人関係に障害をもたらすことがあります。

【興味や活動の偏り】

アスペルガー症候群の方は、
興味や活動の仕方に偏りがあります。
こうした傾向が学問に向かう場合には
驚くべき成果を達成することもあります。
しかし、こうした傾向は必ずしも
社会的な意味を持つもの
ばかりではありません。
たとえば、バスのルートや時刻表を
詳細まで記憶していることがあります。
こうした情報はアスペルガー症候群の方に
とってはとても興味深いものであるため、
他人と情報を共有しようとしますし、
話題を変えることを
嫌がることもあります。
その結果、友人関係において
「話が面白くない」、
「話題がつまらない」などの
評価を受けることもあります。

アスペルガー症候群では、
これら3つの症状があることから
人間関係の構築に問題をきたすことがあり、
学校生活や会社での環境において
孤立することもあります。
また、自身の気持ちが
周囲に伝わらないことを経験して
引きこもりになったり、
うつを発症したりすることもあります。

この症状を見る限り
グレタさんのこれまでの行動や言動が
理解できると思います。
思ったことをすぐに行ってしまったり
言葉遣いも子供っぽくなってしまうので
世間の人に批判されやすいのかも
してませんね。

 

最後に

 

今回は
グレタ・トゥーンベリさんの批判の原因
についてご紹介させて頂きます。

彼女自身は発達障害の
アスペルガー症候群について
「アスペルガーは私の誇り」
と言っています。

確かに発達障害とは個性であり才能
でもあるので彼女は正しいと思います。

批判するのもいいですが
これを機に僕も色んな目線や
立場に立って物事を
みれたらと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました