【初心者編】電気自由化って何?電気料金はどれくらい?オススメは?

電気自由化

 

2016年の電力自由化により私たちは
どこで電気を買うのかを自由に選ぶことが
出来るようになりました。

しかし、急に始まった電気自由化について
わからないことが沢山あると思います。

そこで今回は
電気自由化って何?
電気料金はどれくらい?
オススメの会社は?
についてご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

電気自由化って何?

まずは元々、電気自由化がされる前の
状態についてご紹介させて頂きます。

電気自由化がされる2016年4月前は以下の10社
電力を独占していました。

東京電力、関西電力、中部電力、東北電力、九州電力、
中国電力、四国電力、北海道電力、北陸電力、沖縄電力

皆さんにイメージが付きやすいのはNTT東日本、
NTT西日本の回線ではないでしょうか。

今では普通にNTTの回線を色んな会社
(ドコモ、ソフトバンク、楽天、ぷらら、OCNなど)が
使っていますが少し前まではNTTのフレッツ光しかなく
回線を独占していました。

このように回線と同じく電気も
「色んな会社で使っていいですよ」
なったのが電気自由化という訳です。

そこで次に気になるのが
なぜ電気自由化をすることが出来たのか
という事だと思います。

こちらについては正直あまり気にしなくても
いいと思います。

一応、簡単にご紹介させて頂くと
「コスト削減と効率化」
とのことでした。

今回はあくまでも初心者向けにご紹介させて
頂いていますので、もし詳しく気になる方が
いましたら調べてみてください。

また、調べるのもめんどくさいという方は
以下の動画をご覧ください。

安さだけで電気料金を選んでもいいの?何か問題が起きたりしない?
スポンサーリンク

電気料金はどれくらい?

電気自由化についてザックリと理解できたと
思います。

そこで次は気になる
電気自由化に参戦している電気小売事業や
電気料金はどれくらいになるかについて
ご紹介させて頂きます。

現在、電気小売事業に参入している会社は
2020年5月末までで703社となっています。

経ったの4年でこれだけ多くの会社が
電気小売事業に参入しています。

そんな電気小売事業に参戦している会社をいくつか
紹介させて頂きますので選ぶ上での参考にして頂ければ
と思います。

初心者向けにご紹介しやすいのが以下の会社です。

・ソフトバンク
・au
・J:com
・コープ

さすがにこれらの会社は有名で皆さんに関わることが
多いので大抵の人は知っていると思い選びました。

このように通信や小売り店など様々な業種の
会社が電気小売事業に関わっています。

ではこれらの会社に電気を変えることで
どのくらい電気料金が変わるのか
今回は分かりやすくauでんきを例に
ご紹介させて頂きます。

auでんきは以下の通りになっています。

毎月の電気料金が
5,000円未満の場合は1%、
5,000円以上8,000円未満は3%、
8,000円以上は5%、
auWalletポイントが付与されます。

このようにauは電気代によって
パーセンテージが変わるようです。

ちなみに契約期間は1年で
解約違約金2,000円(税抜)
がかかるそうです。

他の会社も調べて見ましたが
大体、他の会社もauと同じように
「割引率は1~2%」という感じでした。

正直、1%だと微々たるものかもしれませんが
料金が少しでも下がるのであればやって損は
ないと思います。

スポンサーリンク

オススメの電気小売事業は?

ここまで見て頂いた方だけに
「オススメの電気小売事業」
紹介させて頂きます。

個人的に色んな電気小売事業を
お調べしたところ1か月の電気代が今よりも
「平均10%」ほど割引きしてくれる電気小売事業
を見つけました。

その電気小売事業は『エトスエナジー』という会社です。

このエトスエナジーがなぜ「平均10%」
という割引が出来るのかというと大量仕入れと

オンライン化による徹底的なコストカット
したことによりどこの電気小売事業よりも安い
電気料金にすることができるそうです。

「エストエナジー」は2020年6月から
正式スタートしたのでまだ日が経っておらず
知っている人はほとんどいないと思います。

その為、本当に大丈夫か不安になる方も多く
いると思います。

しかし、そんな方の為に「エストエナジー」の
公式サイトを見つけましたので詳しい内容については
そちらをご覧ください。

またこちらのサイトで申し込みも出来るようです。

ここをクリックして下さい。
「エストエナジー」の公式サイト

スポンサーリンク

ちなみに簡単に「エストエナジー」の
内容についてご紹介させて頂くと

1 卸売&オンライン化による徹底的なコストカットを実現。
2 電気料金に含まれる「再エネ賦課金」相当額をも割引実現
3 電気の契約を切り替えるだけで業界初の「エトス福利厚生サービス」を無償提供
4 切り替え受付はオンラインで約3分で完了と簡単。
5 解約はいつでも自由。解約手数料も不要です。

このような感じです。

また、実際に「auでんき」から「エストエナジー」に
変えた方の比較の表があったのでご覧ください。

僕も電気代を安くしたいと思っていたので
「エストエナジー」について調べて詳しくなったので
気になる方はこのブログのコメント欄に
メッセージを頂ければ相談には乗りますので
お気軽にご連絡ください。

スポンサーリンク

最後に

僕の結論は

「何かしらの電気小売事業者で
契約した方が電気代は安くなるです。」

コロナ禍の中、少しでも節約出来るなら
考えている方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました