エアコンプレッサーの威力はどれくらい?なぜ定期的に事件が起こる?

事故

 

名古屋市港区の工場で、同僚の男性の尻に
エアコンプレッサーを噴射し、腸に穴が開く
大ケガをさせたとしてベトナム国籍の男が
逮捕され話題になっています。

そこで今回は
エアコンプレッサーの威力はどれくらい?
なぜ定期的に事件が起こる?
についてご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

エアコンプレッサーの威力はどれくらい?

それでは早速
エアコンプレッサーの威力はどれくらい
なのかについてご紹介させて頂きます。

まずそもそもエアコンプレッサーとは
「空気圧縮機」のことで空気を圧縮し、
高い圧力で吐出することで、様々な
機械の動力源となります。

このように威力がとても強力ということが
分かりますがどれくらいの威力なのか
気になったのでお調べしました。

するととんでもない威力ということが
わかりました。

今回はわかりやすい様に吐出空気量
ご紹介させて頂きます。

この吐出空気量は「L/分」で表記されます。

要するに1分間にどれだけの空気が出されるか
ということです。

ホームセンターなどで売られている一般的な
家庭用エアコンプレッサーでは大体4~10L/分
となっています。

家庭用のものでも体に当てると危ないと思います。

この家庭用のものを少し本格的にしたものだと
24~40L/分となっています。

ここまでいくと取扱い注意のレベルに
なって行きますね。

しかし、今回の事故で使用された
業務用エアコンプレッサーの吐出空気量を
調べたところ

『7100L/分』

この様な結果になりました。

確かにこの桁が違いな数字を見ると
腸に穴が開くことが納得できますね。

また、このエアコンプレッサーの事故は
ここ5年で5件起こっており中には
肺に穴が空いて死亡したというものもありました。

一般の方で使うことはないと思いますが
もし使う機会がありましたが十分に気を
つけください。

スポンサーリンク

なぜ定期的に事件が起こる?

次は
なぜ定期的に事件が起こるのか
についてご紹介させて頂きます。

先ほど少しご紹介しましたが
ここ5年間で5件も同じような事件が
起きています。

そこでなぜ定期的に事件が起こるのか
についてお調べしたところ流石に
確定した理由はありませんでした。

しかし、これまで起きたエアコンプレッサー
事件の内容を調査したところ容疑者が外国籍
の方ということがわかりました。

今回の事故もベトナム国籍の方で2018年も
ペルー国籍の方となっていました。

その為、外国人労働者への教育がちゃんと
行き届いていないのがこのエアコンプレッサー
事件を定期的に起こす原因ではないかと思います。

今まで母国で扱ったことがない機械が日本では
多く本当に危険なものとわかっていない可能性が
高いと思います。

ここまで同じ事件が多いと今後同じような
事件が起きないように外国人だけではなく
エアコンプレッサーを扱う方向けの研修の
やり方を改善して欲しいですね。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました