リアルタイム字幕「AIポン」の精度は?ゴーン会見のAIポンの翻訳が酷い!

スポンサーリンク
トレンド

 

今回は
『リアルタイム字幕「AIポン」』
についてご紹介させて頂きます。

この「AIポン」は最近話題の
元日産自動車会長のゴーンさんの
会見で導入されており、
AbemaTVがニュース番組で試験的に
導入しています。

そこで今回はこちらの
リアルタイム字幕「AIポン」について
詳しくお調べさせて頂きましたので
ご紹介させて頂きます。

その中での「AIポン」の精度
についてご紹介させて頂きます。

 

スポンサードリンク

リアルタイム字幕「AIポン」の精度は?

それでは早速
リアルタイム字幕「AIポン」の精度
についてご紹介させて頂きます。

 

「AIポン」はAbemaTVが
テレビ朝日と共同で開発した
リアルタイムAI字幕システムです。

Googleが提供する音声認識テキスト
変換サービス「Cloud Speech-To-Text API」
をベースとし、スタジオトークを約1秒で
自動で字幕に変換することができます。

2018年12月10日(月)より、
AbemaTVの昼ニュース番組
『けやきヒルズ』にて試験的に
導入されました。

 

導入初期のAIポン

 

導入初期のAIポンの映像を見たところ、
トークする人間が言いよどんだり、
発音が不明瞭だと奇妙な字幕を
生成していました。
適切な文章を模索して結局誤表示して
しまうような誤変換も多く精度は
低いものでした。

正確さが求められるニュース番組で、
誤表記を含む字幕を表示するのは
誤解を招きそうだと感じました。
しかし、機械学習が進みトークを完璧な
字幕に変換するようになったら、
画期的なシステムだと期待を持ちました。

アイポン導入初期の映像は、
現在AbemaTVでは公開されておらず
確認することはできません。

 

3ヶ月学習したAIポン

 

アイポン導入から約3ヶ月では
機械学習の進捗状況は導入時と比べると
AIなので学習し正確さが増していますが
まだ、人の名前や漢字の意味の違い
などがあります。

バラエティ番組だと
このままでも許されますが
お堅いニュース番組だと肝心なところが
めちゃくちゃに変換されており
字幕スーパーとしては致命的です。

 

AIポンの問題点と活用

 

まだまだ問題点の多いAIポンは
生放送のスタジオトークを任せるには
信用度が足らないレベルです。
AIポンが活用されていたニュースを
お調べさせて頂いたところ
誤字幕を数えだすと60箇所以上ありました。

また、フリートークは苦手なアイポンですが
あらかじめ原稿が用意してある天気予報では
ほとんど誤字を出しませんでした。
活舌と発音とトークのうまい人を連れてくれば、
アイポンの現状の性能でも生放送に
立ち向かえるかもしれません。
人工知能を育てるために経験を積む
時期なんでしょう。

 

人工知能AI字幕「AIポン」
というものに非常に期待しています。
AbemaTVには現在、字幕機能はありませんが
AIポンが「人並み」になれば大活躍するだろうと
思っています。

視聴者に冷ややかな目線を向けられる
ギャグレベルの誤変換がまだ出発地に
立っているアイポンの数か月後、数年後には
できたら話している人間を識別して
表示してくれるようになってくれてれば
と思います。

スポンサーリンク

ゴーン会見のAIポンの翻訳が酷い

最後に余談になりますが
最近ニュースでやっていた
元日産のゴーンの会見についての
AIポンの翻訳が酷いと騒がれているので
ご紹介させて頂きます。

 

まずはこちらです。

みゅぱすた🤔うちタマ?!毎週木曜 絶賛放送中 (@Alden_tenn)さんはTwitterを利用しています

「日産ドッカンブースト」や
「おっさんアナゴさん、お願いします」
「味噌大量」など
まだまだたくさんの誤字がありました。

それに対して「面白過ぎる」や
「面白過ぎて会見の内容が入ってこない」
などの声が多くありました。

完璧な字幕に変換できるようになるまでは
まだまだ時間は掛かりそうですね。

 

最後に

 

今回は
『リアルタイム字幕「AIポン」』
についてご紹介させて頂きます。

AI(人工知能)が最近ところどころで
聞く等になり多くの電化製品にも
AIが導入されて来ています。

これからの時代はAIの時代なので
僕は出来るだけAIと仲良くしていきたい
と思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました